役立つリノベ情報

リノベコラム

そんな時期ですね!!!元銀行員の独り言

2018.02.09住宅ローン

住宅ローン取得控除

今年も2月に入り、もう1か月経ったのかと思う今日この頃です。

さあ、毎年この時期になると「住宅取得控除」の季節だなーーーーって思いますよね。

ご自宅を購入され、お住まいになられた翌年の2月から確定申告をしたって方は、ご記憶があると思いますが、これからご購入される方は、頭の片隅にでも入れておいた方がいいですよ。今日はそんな方に「銃と悪取得控除」のさわりだけご説明したいと思います。

まず、「住宅取得控除」って何

「住宅ローン控除」とは、マイホームを一定の条件のローンを組んで購入したり、省エネやバリアフリーなど特定の改修工事をしたりすると、年末のローンの残高に応じて「税金が還ってくる」制度のことです。
 この制度の適用を受けるには、所得が3,000万円以下であることや返済期間が10年以上の住宅ローンであることなど、いろいろと要件がありますが、要件に当てはまる方については、ざっくり言うと、10年間、ローン残高の1%に当たる税金が還ってきます(平成29年に家を買った場合)。

いつ?どこでするの?

初年度については「確定申告」の必要があるため、2月16日(金)から3月15日(木)が確定申告の期間に行います。ただし、還付申告は1月から行えるんですよ。2年目から給与所得者の方は「年末調整」で対応可能です。また、個人事業主や年収が一定額以上の方でかくていしんこくされている方は、毎年の確定申告で対応するようになります。

どこでするの?

お住まいの地域を管轄する「税務署」で手続きします。郵送やインターネットでも手続きできます(国税庁のサイトに確定申告書作成コーナーがあります)。
【手続きの方法(以下のいずれか)】
 (1) 税務署から確定申告書を入手し、記載して税務署に持参
 (2) 税務署から確定申告書を入手し、記載して税務署に郵送
 (3) 税務署に行き、税務署の確定申告書作成コーナーでe-taxを使用して確定申告書を作成・申請
 (4) 国税庁のサイトから確定申告書を入手し、記載して税務署に郵送
 (5) 国税庁のサイト上で確定申告書を作成し、印刷して税務署に郵送
 (6) 国税庁のサイト上で確定申告書を作成し、インターネット(e-tax)で申請

自宅を購入する際は、住宅ローンの支払額等出ていくお金💰に目が行きがちですが、戻ってくるお金💰もあるので、賢く住宅購入を検討すべきなんですよ!!!

とまあ、こんな感じです。詳しく説明しだすと膨大な量になるので、今日はこの辺で( ´∀` )

 

 

 

関連記事

無料講座に参加する
購入する前の知っておきたい基礎知識を
すべて詳しく教えます!
所長に相談してみる
住宅ローンに関する悩みからリノベーシ
ションに関する不安までなんでも答えます